スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汗ばむ季節のご注意! 

汗ばむ季節のご注意!

悪い汗の正体とは?

汗をかき体温を下げる働きをする汗腺は、本来なら水分だけを身体の外に出し、水分に含まれるミネラル分は血液に再吸収させます

しかし、汗腺の働きが鈍っていると、大切なミネラル分まで一緒に出してしまうのです。

その結果、血液は不足したミネラルを補おうとして、体中の細胞からミネラルを奪い取ろうとします。

そうなると、ナトリウムやカリウムの不足で内臓が弱って夏バテの原因になったり、カルシウム不足で骨粗しょう症の原因になったりします。

つまり、汗には水分だけの良い汗と、大切なミネラル分まで流しだしてしまう悪い汗があるのです。

悪い汗をこうやってカバーしよう!!

悪い汗は普段、クーラーの中にいて汗をかかずに生活している人が、急に暑い所に出た時などに多く見られ、大量の汗がどっと吹き出すのが特徴です。

こういう人は、運動をしたり、サウナを利用して汗をかく習慣をつけ、汗腺の働きを正常に保つことが必要です。

悪い汗をかいてミネラルが不足したら、市販のミネラル炭酸水がおすすめです。ミネラル炭酸水はミネラルを補給するだけでなく、炭酸が疲労物質である水素イオンを吸収してくれるので、夏バテにも最適です。

悪い汗はアルカリ性良い汗は酸性になるので、興味のある人はリトマス紙を手に入れて自分で調べてみるのもいいかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0702399.blog43.fc2.com/tb.php/9-787d6f40

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。