スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肥満気味なアナタ! 

肥満画像
あなたは「肥満」ではありませんか?
近年、肥満体型、いわゆるメタボ体型の人が増えているんですが、ただ単に「あの人は太ってるから肥満だ」と見た目だけでは判断できないので要注意です。
ちなみに見た目が痩せている方でも肥満と判断されることはあるんですよ。

最近、"体重が増えた" "ウエストがぼってりしている" "ズボンの上に肉が乗っている" "下っ腹ポッコリ" "顎が2重になった"etc..あてはまりそうな方は、少し読んでみてください


§ 肥満≒体重じゃない
先にも述べた通り、肥満は"見た目"だけでは判断できません。
では、
「どういう体型が肥満になるわけ?」

という声が四方八方から聞こえてきそうです。


まぁ、簡単にいえば、"肥満は体脂肪が過剰的に蓄積した状態"のことを言います。

これまた、"どういう事よ?"って思いますよね...



ではでは、ちょっと今の話はおいといて・・・


"脂肪肝"って聞いたことありませんか?

"アルコールの飲み過ぎが原因で肝臓に中性脂肪がくっついた"感じなんですけど・・・

イメージできます? まだできない? 



う~~~む・・・







ぶっちゃけ

脂肪肝=フォアグラ  ←こういうことです。


正常な肝臓は画像内左上のピンク色のやつです。

それが、アルコールを過剰摂取しまくったりするとフォアグラになります。




イメージできたところでさっきの話に戻りますと・・・

体脂肪が内臓に蓄積されると、内臓の働きが悪くなるんですね。
で、これらの働きが悪くなると症状が出るわけです。


脂肪肝でいえば、動脈硬化や高血圧になりやすく、肝硬変や肝炎以外にも心臓病や脳卒中のリスクも高くなるのです。


肥満は、成人病です。
しかも、後に死に至る疾病を発症しかねない恐ろしい成人病です。

その後に、死に至る疾病とは、

高血圧
糖尿病
脳卒中
高脂血症
痛風 
などの生活習慣病です。

ちなみに、日本の3大生活習慣病は1:悪性腫瘍、2:脳血管疾患、3:心疾患です。


肥満であることが、高血圧や糖尿病などの他の疾病を合併することもあり、治療が必要と判断されれば、肥満→肥満症になります。


"ただ太ってるだけ"が近い将来は↑上記の疾病を起こしかねないことを忘れないでください。





p.s.定期的な健康診断は最低1年に1回行いましょう!理想は年2回(半年に1回)です








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0702399.blog43.fc2.com/tb.php/4-0a604d92

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。