スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬と食べ物の組み合わせ3 

薬と食べ物の組み合わせ3

<糖尿病>

今回は糖尿病薬とアルコール

アルコールと糖尿病の薬を一緒に摂取すると、アルコールの酔いが非常に強くなって悪酔いする事があります。

また薬が効きすぎて低血糖になる事があり、どちらにしても身体には非常に負担がかかって危ないのでアルコールで薬を服用するのは絶対にオススメしません。
(ラスチノン、ジメリンなど)

<高脂血症>

高脂血症薬とグレフル

コレステロールを下げる薬のリピトールやリポバスはグレープフルーツ(ジュースも含む)と一緒に取ってはいけないものとなります。

グレープフルーツの苦味成分が、薬物を無毒化するある代謝酵素の働きを妨げて
足がつりやすくなったり、筋肉が溶けて赤いおしっこがでるなどの症状がでます。

空腹状態で薬を飲むのは胃に負担がかかりますが、だからといって適当に何かを食べて薬を飲むのも危険な行為となりますので、ご注意を!

もしくは、Dr.に食事相談すれば確実に良いアドバイスがいただけると思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0702399.blog43.fc2.com/tb.php/12-3eaea002

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。