スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる紫外線ぷち情報! 

気になる外線ぷち情報!

外に出る事が多くなる時期に気になるのが日焼けですね!
女性の敵ですよ!敵!

この紫外線(UV)は、太陽から発せられる目に見えない光線の事で、日本ではこの紫外線の量や強さが4月頃から増えだし、5~6月にピークに達します。

まさにこれからがピークですッ!

一日のうちでは、午前11時から正午までが最も強く午後2時まで一日の半分以上の紫外線が降り注ぎます

紫外線は、皮膚の奥まで入り込んでお肌を黒くしてしまうUVA波皮膚の表面に炎症を起こすUVB波、ほとんど地表に届かないUBC波の3種類に分けられます。

日焼け止めクリームや化粧品に表示されている『SPF』や『PA』は、皮膚に影響するUVA波UVB波の紫外線をカットする成分が配合されているということを表し、『SPF』は数値で、『PA』は+マークの数で、防止できるレベルを表現しています。

『SPF』
■皮膚の表面に影響し、シミやソバカスの原因になるUVB波を防止。

■数値×20分が効果持続時間の目安。50が限度

□SPF30では  30×20分で600分
         (10時間)を目安に効果が持続するという意味。


『PA』
■皮膚の奥まで届いてシワやたるみの原因になるUVA波を防止。3段階表示。

  PA+  効果がある(日常生活に)
  
  PA++ 効果がかなりある
      (ちょっとした外出や通勤に)
PA+++  効果が非常にある(海や山へのレジャーやスポーツに)


これからの季節に、日焼け止めや化粧品を買う際にちょっとご覧くださいな^^
スポンサーサイト

薬と食べ物の組み合わせ3 

薬と食べ物の組み合わせ3

<糖尿病>

今回は糖尿病薬とアルコール

アルコールと糖尿病の薬を一緒に摂取すると、アルコールの酔いが非常に強くなって悪酔いする事があります。

また薬が効きすぎて低血糖になる事があり、どちらにしても身体には非常に負担がかかって危ないのでアルコールで薬を服用するのは絶対にオススメしません。
(ラスチノン、ジメリンなど)

<高脂血症>

高脂血症薬とグレフル

コレステロールを下げる薬のリピトールやリポバスはグレープフルーツ(ジュースも含む)と一緒に取ってはいけないものとなります。

グレープフルーツの苦味成分が、薬物を無毒化するある代謝酵素の働きを妨げて
足がつりやすくなったり、筋肉が溶けて赤いおしっこがでるなどの症状がでます。

空腹状態で薬を飲むのは胃に負担がかかりますが、だからといって適当に何かを食べて薬を飲むのも危険な行為となりますので、ご注意を!

もしくは、Dr.に食事相談すれば確実に良いアドバイスがいただけると思います。

薬と食べ物の組み合わせ2 

薬と食べ物の組み合わせ2

<高血圧>

尿を出して血圧を下げる降圧利尿薬は、ワンタンに多く含まれているグルタミンソーダと相性が悪いです。

ワンタンを食べてから薬を服用すると・・・
頭痛、胸のほてりや痛み、手足の焼けるような感じが起こってくる事があります。

だから、ワンタンスープを飲んだ後に降圧利尿薬を服用するのはやめたほうがいいです。

フルイトラン、ナトリックスなど、同じ降圧剤でもβ遮断薬のプロプラノールは、肉などの高タンパク食品との相性が悪いのでこれらの服用薬がある場合には、食べるのを控えましょう。

高タンパク質と薬をいっしょに摂取すると・・・

血液中の薬の濃度が2、3倍になり血圧が下がり過ぎることがあります。

薬と食べ物の組み合わせ1 

薬と食べ物の組み合わせ1

心筋梗塞・脳梗塞


上記の症状を改善させる時に使用する
seikatsushuukannbyou_warfarin1mg

ワーファリン
という薬は、ビタミンKの働きを抑えて血が固まるのを防ぐ薬です。

ところが納豆には大量のビタミンKが含まれています。

このワーファリンと納豆を一緒に摂取すると、薬の効き目が悪くなり、心筋梗塞脳梗塞が再発する危険があります。

納豆ほどでもありませんがキャベツカブカリフラワーにもビタミンKが多いので一緒に取るのは避けた方が良いでしょう。

汗ばむ季節のご注意! 

汗ばむ季節のご注意!

悪い汗の正体とは?

汗をかき体温を下げる働きをする汗腺は、本来なら水分だけを身体の外に出し、水分に含まれるミネラル分は血液に再吸収させます

しかし、汗腺の働きが鈍っていると、大切なミネラル分まで一緒に出してしまうのです。

その結果、血液は不足したミネラルを補おうとして、体中の細胞からミネラルを奪い取ろうとします。

そうなると、ナトリウムやカリウムの不足で内臓が弱って夏バテの原因になったり、カルシウム不足で骨粗しょう症の原因になったりします。

つまり、汗には水分だけの良い汗と、大切なミネラル分まで流しだしてしまう悪い汗があるのです。

悪い汗をこうやってカバーしよう!!

悪い汗は普段、クーラーの中にいて汗をかかずに生活している人が、急に暑い所に出た時などに多く見られ、大量の汗がどっと吹き出すのが特徴です。

こういう人は、運動をしたり、サウナを利用して汗をかく習慣をつけ、汗腺の働きを正常に保つことが必要です。

悪い汗をかいてミネラルが不足したら、市販のミネラル炭酸水がおすすめです。ミネラル炭酸水はミネラルを補給するだけでなく、炭酸が疲労物質である水素イオンを吸収してくれるので、夏バテにも最適です。

悪い汗はアルカリ性良い汗は酸性になるので、興味のある人はリトマス紙を手に入れて自分で調べてみるのもいいかもしれませんね。

夜食で太る理由・・・? 

夜食で太る理由・・・?

夜食で太る理由にも時計遺伝子のうち、ビーマルという遺伝子は、私たちの脂肪細胞の分裂を促す働きをもっています。

特に夜分遅くに食べ物を摂取すると、この遺伝子の働きが強まり、肥満を招きやすい事が判ってきました。

夜食が肥満を招く事は広く知られています。
しかし、これは、単に夜間はエネルギー消費が少ない事だけではなく、時計遺伝子も深くかかわっていたというわけです。

ビーマルは夜間中に特に脂肪細胞の分裂を活発に促し、セッセと働かせないためにも夜食は控えるほうが身体の為に良いと言えます。

よく飲みに行った帰りにラーメンを食べて帰るという人もいますが、あれは身体にとっては最悪な状態であると言えますので、飲んだあとは大人しく帰宅しましょう

時間治療3 

時間治療3

>>時間治療1
>>時間治療2

最近は、「時間帯を考慮した投薬」とは別の意味合いの時間治療も考えられています。

それは、24時間の生体リズムを作っている時計遺伝子に着目した治療です。

本格的な糖尿病や高血圧、高脂血症ではないものの、検査値はその一歩手前で、これに肥満を併せ持つ人をメタボリックシンドロームといいます。

こういう人は、動脈硬化が特に進行しやすいことがわかっています。

最近の研究では、現在見つかっている7つの時間遺伝子のうち、クロックという遺伝子に異常があるとメタボリックシンドロームになりやすいことがわかってきました。クロックの異常から生活のリズムが乱れ、放置すると過食して肥満し、高脂血症高血圧糖尿病も発症しやすいといわれています。

今、もしも生活のリズムが乱れているのであれば、それを整えることこそが、生活習慣病の予防に繋がると考えられています。

時間治療2 

時間治療2

>>時間治療1>>時間治療3

喘息薬は、夜間から明け方抗がん剤は、夜間の投与が効果的!

血圧を下げる薬(降圧剤)を、従来のように朝食の30分後に服用したのでは、午前中の血圧が上がりやすい時間帯に服用薬の効果が間に合わないケースがあります。

そこで、朝、起きてすぐ服用する薬や、夜寝る前に服用して危険な時間帯(深夜から明け方にかけてなど)に効いてくる薬が開発されて処方されるようになってきました。

喘息の場合、最も気管支が細くなって発作が頻発するのは、明け方の4時前後です。

そこで、寝る前に飲んで、この時間帯に血中の薬の濃度が最高になるよう製造された喘息薬が広く使われています。

一方、がん細胞は夜間に細胞分裂が活発に進むため、夜間に点滴などで抗がん剤を投与すると効果的だということや、副作用を減らせることも判明してきました。

ただ、抗がん剤の時間治療は、夜の医療体制を手厚くし、副作用に十分注意して行う必要があるため、普及が進んでいないのが現状なのです・・・。

時間治療1 

時間治療1

>>時間治療2>>時間治療3

心筋梗塞・脳卒中・喘息には、発症しやすい時間帯が存在します。


脳卒中や心筋梗塞は、朝に起こりやすいことが知られています。

その背景には、

『朝は血圧が上昇しており、脈拍も通常より早く』
『寝ている間に汗を掻くので、身体内の水分が減って血液が粘っこくなり、固まりやすい』

などの事情があります。

血液が粘っこくなって固まってもそれを溶かす仕組みが私たちの体内に備わっていますが、そのための酵素の分泌も朝は減少しています。

つまり、朝は血液が固まりやすく溶けにくい悪条件が重なり、脳卒中や心筋梗塞を起こしやすくなっています。

特に、朝8~10時の時間帯は要注意です。


また、喘息は、夜中から朝方にかけて発作が起こりやすいものです。寝ている間は、気管支が細くなりやすく、喘息をもっている方はうつ伏せにならないよう注意が必要です。

ガンの進行も生体リズムと関係があります。

夜は、正常細胞もそうですが、それ以上にガン細胞の細胞分裂が盛んになります。

つまり、夜はガンが進行しやすいわけです。


こうした危険な時間帯に、薬が十分作用するように工夫するのが『時間治療』です。

青汁モニター 

青汁じるじるモニター(汚ッ)


書き溜めていたブログがたくさんあったので少しずつ小出しにしていこうかと思う前に

今回は私の体験記をば。

私は以前と言っても最近の話ですが、青汁モニターに参加していたことがあります。

青汁って聞くと・・・

"うぇっ・・・マズそう"

っていう反応が正常だと思います

私もそうでした。


でもなぜ参加をしたかというと・・・


参加費というか協力費がもらえるというので飛びついたわけですよ。


まぁ、参加する前に事前健診などがあるわけですが、検査結果おkということで参加決定しました。


で、いざ青汁の袋がドンッと届いたわけですが・・・


凄い量の青汁が入ってました。

1袋ずつ包装されていたんですけども・・・。


かーなーりー

後悔しましたよ。 orz
緑黄色野菜は好きなんですけど・・・青汁ですからね。

日誌みたいなのをつけなきゃいけなかったのでとりあえず飲んでみました。



むか~し、飲んだことのある青汁ってほんっとにクソ不味くて吐いたんですが・・・



この青汁はサッパリした味わいで飲みやすく、美味しかったんです♪
10種類以上の栄養というか、緑黄色野菜がはいってたのにあんなにサッパリするのは初めてでちょっと感動しました。


それから、私は毎日飲んでたのですが、お通じも快便だし、肌の調子もよくなりました。

しかもしかも!

嬉しいことに腹回りがスッキリしたんです



これで確か通院ごとに1万円もらえてたのですっごい美味しいモニターでした。



よく深夜にアメリカの通販番組とかで健康食品のモニターを流してるじゃないですか?



で、しつこく体験談を語ってる人(「参加できて本当によかったわ」とか)たちを見て言わされてるだけじゃないの~ぉ??


とか思ってたんですけど、その気持ちがよく理解できました♪
私も参加できてラッキー☆


また健康食品のモニターに参加したいなぁっと思いました。


善玉&悪玉のバランスを維持するには 

善玉悪玉のバランスを維持するには

>>善玉コレ&悪玉コレについて
>>コレステロールのバランスについて

これらのコレステロールのバランスを維持するためには、日常生活での注意が必要です。

食べ過ぎや肉中心の食事に気をつけ、アルコールの飲み過ぎ・喫煙などに注意する。
食生活では、主食をきちんと食べて、ゆっくりとよくかんで食べるように心がける。
植物性の油を選ぶ。
植物繊維をたくさんとる。
アルコール・糖分の過剰摂取をしないよう控える。
カルシウム、ビタミンを取るよう心がける。
青魚を食べる。
適度な運動を行う(善玉コレステロール(HDL)が増加します)。
 (1日30分弱の運動を週3回以上行うと効果が見られます)。
ストレスをためないようにする
 (ストレスは善玉コレステロール(HDL)を減少させるので、疲れをためずに休息しましょう)。


悪玉コレステロール(LDL)は、動物性脂肪で過剰に多くなり、善玉コレステロール(HDL)は、喫煙や肥満により少なくなっていくのです。

上記に注意しながら、悪玉コレステロール(LDL)を減らしつつ、善玉コレステロール(HDL)が極端に減少しないようコレステロールのバランスを保つ生活を心がけましょう。




と、 言  わ  れ  て  も  ・  ・  ・  




って感じですよね(´д`;)



だって、コレステロールって体内の物ですから、外見で判断できるわけじゃないですもん。


"自分で血液中のコレステロールを把握できるなら苦労はしないよっ!"


って私でも思います。


だから、血液中のコレステロール値(他の体内の情報)を把握するためにも、定期的な健康診断を受けましょう。

注射器
血液検査は自分の健康状態を把握するのに、数値化するので目視確認できるので便利です。

また、万が一、病気などで医者に罹るときにも医者に自身の状況がどういった状態なのかを伝えやすくなります。

メタボリックシンドローム生活習慣病が多く見受けられるようになった世の中なので今一度、自身の健康状態を振り返ってみてください。


自分に見合った、食習慣・運動習慣、規則正しい生活を心がけていきましょう。

自己管理しやすくするためにも、定期的な検査を行いましょう。

理想としては、年2回(半年毎に1回)の健康診断を受けていることが望ましいといえるでしょう。

コレステロールのバランスが崩れたとき 

コレステロールのが崩れたら・・・

気になるところが、コレステロールのバランスが崩れたときにどういったことが体内で起こるのかどうかですよね。

私たちの食生活が豊かになったことから、自分の好きな物だけを摂取しがちになり、偏食傾向になっています。

また、欧米などからジャンクフードが来日して、カロリー動物性脂肪分を取り過ぎて生活習慣が崩れています。

さらに、日本人は仕事し過ぎで運動習慣も疎かになっていることが多いうえに、喫煙・飲酒が重なり、肝臓はコレステロールを作り過ぎたり、体内に入った食物からコレステロールを過剰摂取し、本来のコレステロールのバランスが乱れてしまうのです。

この乱れが善玉コレステロール(HDL)悪玉コレステロール(LDL)のバランス崩壊を招き、健康が害されていくのです。
本来ならば、「余分で必要のない」コレステロールを回収しなければならない善玉コレステロール(HDL)が少ないと悪玉コレステロール(LDL)によって、体の隅々にまで運ぶだけ運ばれた(善玉が回収できなかった)コレステロールが血管内や肝臓内に溜まってしまうのです。

善玉コレステロール(HDL)が必要のないコレステロールの収集に追いつかなくなると危険な状態になります。

そして、血管内にコレステロールがたまり、血液が流れる血管が狭くなったり、硬くなってしまうと、血管内に血の塊(※血栓)ができます。この血栓が血液の流れを狭めたり、硬くしたりして、最悪な場合は血液の流れを止めてしまうのです。このケースに至った場合は、よく耳にするかと思いますが、心筋梗塞や脳梗塞・動脈硬化という恐ろしい病気を引き起こしてしまいます。


一般的に、コレステロールのバランスの乱れ(食習慣や運動習慣の乱れ)は、動脈硬化を引き起こす最大の原因と言われています。

善玉&悪玉兄弟 

善玉(HDL)悪玉(LDL)兄弟

 コレステロールには、働きの違いによって、「善玉コレステロール(HDL)」と「悪玉コレステロール(LDL)」があります。
 別に、悪いコレステロールだから「悪玉」と呼ばれている訳ではありません。どちらも、健康維持の為に必要不可欠なものです。両方が、互いにバランスよく維持し合ってこそ、体によい働きをしてくれるnのです。



善玉コレステロール(HDL)の働き

善玉コレステロール(HDL)は、体内の血管や組織から余分コレステロールを集めて肝臓へ運び再利用させる働きをしてくれます。



悪玉コレステロール(LDL)の働き

悪玉コレステロール(LDL)は、肝臓や腸で作られた、コレステロールが血管を通って、体の隅々まで運ぶ働きをしているのです。



善玉コレステロール(HDL)のように、コレステロールを持ち帰る働きはしません。しかし、悪玉コレステロール(LDL)が極度に減少すると、ビタミンの吸収が減ってしまい、神経や網膜などに異常を起こします。


 コレステロールを運ぶだけの、悪玉コレステロール(LDL)に対して・・・

 血管や体内の組織に残してきた余分なコレステロールを集めて回収する役割は善玉コレステロール(HDL)です。バランスがうまくとれてはじめて健康が維持できるのです。


 さてさて、これらのコレステロールの具体的な体内での役割はご存じですか?

 コレステロールは、人間の体に存在している「脂質」のひとつです。

 コレステロールは遊離脂肪酸(※人間がエネルギーとして使うために血液中に溶け出した脂肪のこと)で・・・


 ●肝汁酸(※肝臓で作られて小腸で脂肪の消化吸収を助ける働きをするもの)。

 ●細胞膜を作る。

 ●各種ホルモンの原料になる。

 ●ビタミンの原料となる。
          

 …などの役割を担っているのがコレステロールたちです。

 
 最近、お茶の間で人気のみ●もんたの番組などで「コレステロールを下げる食べ物は?」とか「コレステロールをカットする食材」とかやってるの観たり聴いたりしたことないですか?
 またスーパーなどで「中性脂肪が気になる方へ」とか「コレステロール0!」などと書かれた商品類を購入している人は間違った理解をしているかもしれませんので、引き続きお読み下さい。理解している方も再確認の意味でお読みいただければと思います。

アンチみ●もんたではありません。だからといって興味もありませんw


>>続きはコチラ

肥満気味なアナタ! 

肥満画像
あなたは「肥満」ではありませんか?
近年、肥満体型、いわゆるメタボ体型の人が増えているんですが、ただ単に「あの人は太ってるから肥満だ」と見た目だけでは判断できないので要注意です。
ちなみに見た目が痩せている方でも肥満と判断されることはあるんですよ。

最近、"体重が増えた" "ウエストがぼってりしている" "ズボンの上に肉が乗っている" "下っ腹ポッコリ" "顎が2重になった"etc..あてはまりそうな方は、少し読んでみてください


§ 肥満≒体重じゃない
先にも述べた通り、肥満は"見た目"だけでは判断できません。
では、
「どういう体型が肥満になるわけ?」

という声が四方八方から聞こえてきそうです。


まぁ、簡単にいえば、"肥満は体脂肪が過剰的に蓄積した状態"のことを言います。

これまた、"どういう事よ?"って思いますよね...



ではでは、ちょっと今の話はおいといて・・・


"脂肪肝"って聞いたことありませんか?

"アルコールの飲み過ぎが原因で肝臓に中性脂肪がくっついた"感じなんですけど・・・

イメージできます? まだできない? 



う~~~む・・・







ぶっちゃけ

脂肪肝=フォアグラ  ←こういうことです。


正常な肝臓は画像内左上のピンク色のやつです。

それが、アルコールを過剰摂取しまくったりするとフォアグラになります。




イメージできたところでさっきの話に戻りますと・・・

体脂肪が内臓に蓄積されると、内臓の働きが悪くなるんですね。
で、これらの働きが悪くなると症状が出るわけです。


脂肪肝でいえば、動脈硬化や高血圧になりやすく、肝硬変や肝炎以外にも心臓病や脳卒中のリスクも高くなるのです。


肥満は、成人病です。
しかも、後に死に至る疾病を発症しかねない恐ろしい成人病です。

その後に、死に至る疾病とは、

高血圧
糖尿病
脳卒中
高脂血症
痛風 
などの生活習慣病です。

ちなみに、日本の3大生活習慣病は1:悪性腫瘍、2:脳血管疾患、3:心疾患です。


肥満であることが、高血圧や糖尿病などの他の疾病を合併することもあり、治療が必要と判断されれば、肥満→肥満症になります。


"ただ太ってるだけ"が近い将来は↑上記の疾病を起こしかねないことを忘れないでください。





p.s.定期的な健康診断は最低1年に1回行いましょう!理想は年2回(半年に1回)です








メタボな私。 



 世界的大手の製薬会社が開発した【肥満症治療薬】の日本国内での販売に向け厚生労働省から承認を得るための臨床試験をキャッチしました。

 この治療薬は、「脂肪分解酵素の働きを抑えることで、食事からの脂肪の吸収を抑制する」働きが期待できるそうです。


 このお薬が実現したら、メタボ体型からの脱出も夢じゃない!!?


 ダイエット食品などでの食事療法やジョギングなどの運動療法効果が出ない方への体重減少作用を目的として、肥満症および糖尿病への新しい治療薬として開発されたということです。

ゎ~お!? まさに私向きじゃないか!食事もダメ、運動もダメ…もう薬療法しかないのでこの薬の開発の実現に期待したい!

この肥満症治療薬をきっかけに、自身の健康を見直していけるのであれば、参加しない手はないですね。うん(^ω^)今後このお薬に期待大です。

と思ったら、このお薬を開発するためにモニターを募集している会社がありました☆


臨床試験・治験参加者募集会社のクリニカルトライアルがメタボ脱出計画!
メタボバナー
の参加者を募集してます(´ω`*)しかもタダ



さらに!!



今回参加すると特典があるそうで


ただでさえ夢のような治療薬の情報キャッチしただけでも楽しみなのに【特典】がつくとなると嬉しくなります(*´ω`*)いや…「特典」という単語に弱いだけなんですが…(爆)


◆ 特 典 ◆



┃ 1.最新・・・医師の管理下で、最先端医療を受けられる。



┃ 2.継続・・・定期的な健康診断で健康状態を把握。



┃ 3.軽減・・・治療の経済的な負担をかけない。



┗ 4.判明・・・CTスキャンで自分の肥満タイプが判る。


メタボ脱出計画へ参加


個人で健康診断を受けるだけでも、数千円かかるうえに治療費ってかなりの負担なんですが、治療費は軽減されてCTスキャンもしてもらえるなんて凄い!

経済的に余裕のない私には、有難い話です♪



メタボ脱出計画へ参加



後ほど、この詳細をupします(´ω`♪)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。